環境?社會貢獻 Vol.1

インド、アフリカ等、発展途上國の貧困地區への石油コンロ寄付活動

當社が発展途上國で石油コンロを販売し、市場調査を行う中で多くの國々で品質の劣る調理器具から排出されるばい煙、スス等に含まれる有害な排気ガスが原因による死亡者數が世界で年間200萬人にも達しており(WHOの報告による)、発展途上國に住む多くの人々がこの問題に悩まされている事実を知りました。これらの地域では、高品質な調理器具が普及しておらず、未だに薪や牛糞等を燃料とした原始的な調理環境で調理をせざるを得ない事が主な原因です。

そこで當社は2011年に多くの貧困層を抱えると言われるインド、アフリカ諸國において、自社製石油コンロの寄付を行いました。 対象地區はインドのスリナガル市のパリンポラ村、ムンバイ市のダーラヴィスラム等で、この製品により調理時間の大幅な短縮、室內空気汚染の低減が出來、調理が快適に行える様になったと使用者から感想を頂いております。

これら発展途上國での主な外的死亡要因としてエイズ、マラリアが広く認知されていますが、劣悪な調理器具による呼吸疾病(IAP)による年間死亡者數もこれに次ぐ死亡要因として認識されています。 當社の長年の経験に基づいた燃焼技術を使用した質の高い石油調理器具は、この問題の解決に大きな貢獻ができると考えています。